むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

交通事故医療情報協会が「交通事故0」を目指している理由


一般社団法人交通事故医療情報協会では「交通事故0」を目指して、交通安全運動をおこなっています。

当協会は、交通事故のケガやむち打ち症を治療する技術と知識をお持ちの柔道整復師の先生を、交通事故に遭われてお困りの患者様にご紹介し、1日も早く元の身体と生活を取り戻すお手伝いをしています。

交通事故のケガと、一口に言っても、重傷の方から軽傷の方まで様々いらっしゃいます。

しかし、交通事故に遭われた多くの方は、元の身体に戻るために3カ月ほどの時間を要します。その間、不便な生活を強いられるだけでなく、痛みにも耐えなければなりません。

交通事故では、むち打ち症になられる方が多いのですが、むち打ち症の場合であれば、ケガの痛みに加え、頭痛・吐き気・めまいなどの症状に悩まされる方がたくさんいらっしゃいます。
このような症状は、目に見えない痛みなので、身体の痛みだけでなく家族や職場の方々から理解を得られないという、精神的な辛さも加わることがあります。

症状が重くなれば、回復するまで仕事が出来なくなるため、経済的な不安も出てくることでしょう。
また、体調が悪いにも関わらず、治療費や保障をめぐって、加害者や相手方の損保会社と交渉なども行わなくてはなりません。
なかには、治療しても元には戻らない後遺障害を負ってしまう方もいらっしゃいます。

そして交通事故は、往々にして、被害者の方だけでなく加害者の方やその家族の人生さえ狂わせてしまいます。

私達は、交通事故の患者様と接することが多いので、このような例を知る機会が多く、1件でも交通事故を減らしたいと考え「交通安全運動」を行っています。

今は、夏休みやお盆休みで、車での移動が増える時期です。
また、暑い中でのレジャーや海水浴は、思った以上に体力を消耗し、帰りの運転が注意散漫になったり、居眠り運転を引き起こしやすいものです。

車を運転される際は、充分に休養を取り、無理な運転を避けて、楽しい夏休みをお過ごしください。

一般社団法人交通事故医療情報協会は、内閣府が行う「全国交通安全運動」の協賛企業に指定されています。
▼秋の全国交通安全運動 概要

http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h30_aki/youkou.html
▼協賛団体一覧

http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h30_aki/youkou.html#attachment

当協会は、公益財団法人 交通遺児育英会の活動に賛同し、売上金の一部を寄付するなどして、交通遺児の修学に協力しています。
https://www.jiko-iryo.com/bokin.html

むち打ち症ってどのくらいで治るの?先生に聞きました!(1)

交通事故によってむち打ち症になってしまった方にとって
どのぐらい治療期間がかかるのか
どのような治療方法を行うのか
大変気になる事柄かと思います。

交通事故医療情報協会では、会員の柔道整復師の先生方に
おおよその治療期間と、どのような治療方法を行っているのか
インタビューを行いました。参考にして頂けますと幸いです。

【回答いただいた先生】

くりのき鍼灸整骨院 嶋村正志先生

【むち打ち症の治療期間について】

事故、外力の大きさにもよりますが2カ月から半年ほどです。
多くは3.4カ月くらいです。
その中で後遺障害を申請する方が1割くらいいらっしゃいます。
当院に通院する際、必ず医師の定期的な診察を月に2回は受診するようお伝えします。
医師が継続、ないし終了の指示があった際はそれに従っています。

【問診時に確認すること】

過去に患った病気の経歴、  家族構成、事故の過失割合
事故の外力は、どの方向にどの程度だったのか
車の損害程度(車両の修理代がわかれば教えてもらっています)

【むち打ち症の治療する部位は?】

当院では整形外科の診断に準じて行っています。
診断が決定した時点で保険担当者の方に必ず報告しています。

【むち打ち症の検査ってどういうことをするの?】

当院では
ROM制限(関節可動域)の確認、
動作時痛、痺れ、頭痛、吐き気、眩暈がないかどうか
ジャクソン、スパーリングテスト、
姿勢の確認、握力、打腱器による反射、知覚の確認を行っています。

【むち打ち症で行う施術・治療(くりのき鍼灸整骨院の場合)】

頸椎カラー、コルセットは基本的に整形外科で処方してもらっています。
急性期は、アイシング(氷や水などを用いて身体を局所的に冷却します)、
物理療法(当院は5種類の電気、低周波、干渉波、ポラリスカイネ、ハイボルテージ、立体動態波)
を用意してありますので、患者様の症状にあわせた治療器をチョイスします。

そして、テーピングで患部を保護し安静にするようにお伝えしています。
急性期を過ぎましたら温罨法(患部を温めること)、
マッサージで様子をみて後にストレッチ等の運動療法を追加します。

可動域制限が著明な場合は、関節モビリゼーション、BFI療法を施行します。
むち打ち症の方の多くの痛みはハード(身体)とソフト(気持ちの落ち込み)のハイブリットペインというものが特徴なのでその両方のケアが大変重要になると考えています。

【むち打ち症は早急な治療と適切なケアが大切です】

いかがでしたか?
すでにむち打ち症でお悩みの方で、
現在通っている病院や整形外科での治療に不安がある方は
手厚いケアと問診を行う、整骨院や接骨院での
治療で効果を実感できるかもしれません。
交通事故医療情報協会では、経験・治療技術の優れた整骨院・接骨院を紹介しています。
リンク

※今回のむち打ち症の検査方法や治療方法は
くりのき鍼灸整骨院様の方法ですので、
他の医療機関や整骨院では異なる場合がございますのでご注意ください。

【インタビューに答えてくださった先生】
くりのき鍼灸整骨院
嶋村 正志先生
〒350‐1212
埼玉県日高市下高萩新田46
交通事故医療情報協会ページ
くりのき鍼灸整骨院のホームページ

内閣府主催「全国交通安全運動」への協賛団体に指定されました


この度、当協会の日頃の活動が認められ、
内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されることになりました。

「全国交通安全運動」は、1948年より毎年、春(4月6日~15日)と秋(9月21日~30日)の2回 開催されている全国的な交通安全運動です。

「2018年 春の全国交通安全運動」の際には、当協会認定院44院に、ポスターを掲示やチラシ配布などの運動に参加致しました。

「2018年 秋の全国交通安全運動」からは、協賛団体として更に「交通安全」に力を注ぎ、社会貢献活動を行う信頼できる団体として活動して参ります。

主な活動は以下となります。

(1)交通安全に関するツール「ポケットティッシュ」「マスク」「お守りカード」「カレンダー」の制作 及び 配布活動の実施
(2)当法人ホームページ及びSNS、ブログにて、交通安全に関する情報配信の実施
(3)交通事故ゼロを目指すプロジェクト「DRIVE&LOVE」への加入
(4)飲酒運転防止プロジェクト「SDD(STOP!DRUNK DRIVING PROJECT)」に協賛
(5)交通遺児等育成基金の活動を支援
(6)(公財)交通遺児育英会の活動を支援

▼秋の全国交通安全運動 概要
http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h30_aki/youkou.html

▼協賛団体一覧
http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h30_aki/youkou.html#attachment

交通事故はいまだ年間「47万2,165件」も発生している

交通事故の件数は、自動ブレーキシステムの導入や、若者の車離れなどもあり、全国的に年々減少傾向にあります。
しかし、昨年 平成29年には、47万件を超える交通事故が発生し、死傷者数は58万4,541人だったというデータが発表になっています。

これは、単純計算をすると、一日に1,293件の交通事故が発生しているということになります。

(社)交通事故医療情報協会では、過ぎれた技術を持つ交通事故治療のスペシャリストを認定し、交通事故に遭われた患者様のケアをさせていただいております。
そして、交通事故に遭われてしまった患者様が、一日でも早く元の健康な生活を取り戻していただけるよう、サポートさせていただいております。

当協会が「交通安全運動」に力を入れる理由

交通事故によるケガは、痛みが強くでるケースも多いにも関わらず、むち打ち症などの場合は外見からはわかりにくいため
「周囲の理解を得られにくく、とてもつらい」いという話をよく耳にします。
また、残念ながら治療を開始する時期が遅かったり、専門家による正しい治療を受けることができなかった患者様の場合には、
長引くことも多く後遺症が残ってしまうということも少なくありません。

── 交通事故そのものの件数が減れば、交通事故でつらい思いをする患者様を減らせる ──

その思いから、交通事故を一件でも減らすために、当協会では協会を発足した2009年より「交通安全運動」に力を入れ、様々な活動して参りました。

そして、先日の「春の交通安全運動」開催時期には、全国の認定院にポスターの掲示とチラシ配布をし、交通安全の呼びかけを大々的に行いました。

これらの活動が認められ、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されることになりました。

「交通事故0」「飲酒運転0」を目指して

このことをきっかけに、公益財団法人 交通遺児育英会様と協力をし、募金体制の構築をさせていただき、
交通事故で親御さんを亡くされてしまった子供たちの未来のために、活動させていただくことが決まりました。

このように、一般社団法人 交通事故医療情報協会は、全国交通安全運動の協賛団体の一員として、
他の協賛団体と連携体制を取り、より一層「交通安全運動」に力を入れ、社会貢献活動をして参ります。

「整骨院に行くなら、治療費は払わない」と損害保険会社に言われたら

不幸にも交通事故に遭われ、むち打ち症になってしまった患者様は、
「今の治療が、本当に最善なのだろうか?」
「元の身体に戻れるだろうか?」
「いつになったら、仕事に復帰できるだろうか?」
「治療費や賠償金は、保険からでるのだろうか?」
など、不安やわからないことでいっぱいのことと思います。

整形外科の治療だけでは不安で、ようやく、自分に合う整骨院を見つけたと思ったら、損害保険会社(以下、損保)さんに「整骨院で治療するなら保険は払えません」と言われた。
などという話を時折 耳にします。

患者様が損保さんから「保険は払えない」などと言われたら、「保険を使った治療ができない」と不安に思われることでしょう。

しかし、過失割合などにもよりますが、一般的に交通事故の場合には、整骨院で自賠責保険を使って治療することができます。

では、損保さんが「保険は払えない」というのは、いったいどういう意味なのでしょうか?

「保険は払えない」ってどういう意味?

まず、損保さんが保険対応する場合の流れを確認しましょう。
「病院や整骨院」から「加害者が加入する任意保険の損保」へ請求され
損保さんから、直接「病院や整骨院」へ入金となり
その後、損保さんから自賠責保険へ求償という流れになります。

しかし、元々の保険金の流れは
a「病院や整骨院」から「患者様」に治療費を請求し
b「患者様」が「病院や整骨院」に治療費を支払い
c「患者様」が「自賠責」に保険金(治療費+賠償金など)を請求し
d「自賠責保険」から「患者様」に保険金(治療費+賠償金など)が支払われる
e 自賠責保険の枠を超えたら、損保会社が治療費や賠償金などを補償する
というものです。

しかしそれでは、患者様の負担となるので、普段は損保さんが a~dを代行してくれているわけです。

つまり、損保さんが「保険は払えない」というのは、この「代行業務をしませんよ」という意味であって、
「治療に自賠責保険が使えません」という意味ではないのです。

希望する治療は受けられないの?

では、損保会社さんに「治療費は出せません」と言われてしまった場合、患者様は、ご自身が受けたい治療をあきらめなければいけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!

整骨院での治療は自賠責で認められているので、損保会社に代行してもらわなくても、患者様から直接、自賠責に治療費や賠償金を請求すればいいのです。

これを「直接請求」と言います。

申請書は、損保会社に「直接請求をしたいので用紙をください」と言えばもらうことができます。
あとは、必要事項を記入し領収書などを添付して申請すれば、患者様ご本人が請求することができます。

「手続きなんて苦手だわ」「時間がないよ」と、おっしゃる方は、行政書士や弁護士に手続きを依頼することも可能です。

ご自身の任意保険に弁護士特約が付いていれば、弁護士費用は300万円(保険の内容にもよりますのでご自身の任意保険の損保さんに確認してみましょう)まで無料ですので、
加害者の方や損保さんとの交渉などすべて任せれば、むしろ負担が軽くなるだけでなく、補償金の額も高くなります。

一般社団法人 交通事故医療情報協会の認定院では、患者様の立場に立って親身にアドバイスしてくれる、交通事故専門の弁護士を紹介しています。
また、無料相談も承ります。

あなたの街の交通事故医療情報協会認定の治療院を探す

交通事故の辛い症状だけでなく、困ったこと、わからないこともお気軽にご相談ください。

交通事故治療、どういう整骨院で受けたら良い?3つのポイント

交通事故医療情報協会では、交通事故に遭われた方が
早期に適切なケアを各種医療機関で行えるよう情報を発信しております。

特に、交通事故によるむち打ち症やケガに関しては
当協会は柔道整復師のいる接骨院や整骨院での治療をおすすめしています。

事故による怪我はどこで治療したらいい?
https://www.jiko-iryo.com/blog/cure_traffic_accident/119/

最近では整骨院や接骨院でも積極的に「交通事故治療」が可能なことを
ホームページ等でうたうようになり、
患者様にとっては治療を行う医療機関の選択肢が増えた現状があります。

患者様の中には
「整骨院で交通事故治療ができることは知っているけど、どこに行けば良いかわからない」
「ホームページや口コミサイトを信じて良いのだろうか?」

と疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか?

そこで当協会では患者様が安心して整骨院で交通事故治療を受ける上で
重要なポイントを3つ挙げさせていただきました。
参考になさってください。

1、医者や弁護士と協力体制がとれている

整骨院で交通事故治療を受けることは可能ですが、
必ず定期的に医師の診断を受けることが重要です。
これは、患者様の治療費を保険会社が支払う際に、医師の診断を重視するためです。
交通事故治療の経験の多い整骨院はそのことを踏まえ、
病院と協力体制をとっていたり、
診断書を書いてもらえる医師を紹介してくださったりします。

また、交通事故治療に強い弁護士とも協力体制をとっていることも大切です。
患者様はご自分の体の回復のことも大切ですが、
同時に保険会社や事故の相手と示談交渉が始まり、精神的負担が大きくなります。
間に交通事故に強い弁護士の方を入れることで、事務的・精神的負担の軽減はもちろん
慰謝料や損害賠償額の増額が見込める場合があります。
保険や損害賠償、後遺障害などの法律的な問題に詳しい弁護士と
協力体制をとっている整骨院が望ましいといえるでしょう。

2、交通事故治療による「患者様の声」がたくさん掲載されている

ホームページを見た際、交通事故治療による患者様の声が
たくさん掲載されている治療院は1つの目安になるでしょう。
腰痛や肩こりによる患者様の声を掲載している治療院は多いですが
交通事故治療によるケガやむち打ちが改善したという声はそれほど多くはありません。

3、実際に評判を聞く

患者様の身の回りで、実際に交通事故に遭った方に良い医療機関の評判を聞くことも
重要です。
職場やご近所の方、ご家族の方に聞いてみてもらえるようお願いするのも良いでしょう。

交通事故医療情報協会では、会員の先生方に病院と弁護士ともに協力体制を築くよう啓蒙しています。
どこで治療を受けたら良いのか迷ったら、お近くの交通事故医療情報協会の治療院まで
ご連絡ください。

あなたの街の交通事故医療情報協会認定の治療院を探す

保険会社に治療費の支払いを終了します(打ち切り)と言われたんだけど、どうしたらよい?

そもそも打ち切りってなに?

交通事故の治療に通いはじめて数ヶ月した頃に、保険会社の担当者から、「一般的にはもう治っている時期なので、今月で、あなたの治療費の支払いを終了します」というような連絡を受けることがあります。
このように、治療費の支払いを停止することを「打ち切り」と言います。

なぜ打ち切られてしまうの?

交通事故の治療費は、通常、通院先の病院や整骨院への治療費の支払いを相手保険会社が担当するため、被害者が治療費を本人で負担することはほとんどありません。
つまり、保険会社が、本来患者様が病院や整骨院に払うべき治療費を「立替て支払っている」ということになります。
保険会社からの「支払いを終了します」という通告は、「保険会社が医療機関への治療費の立替え払いをやめる」ことをいいます。

保険会社には、「なるべく治療費や傷害慰謝料(治療による精神的な苦痛を金銭的に補償するもの)を最小限にしたい」という思惑があるようです。

そのため、交通事故の治療費は高額になることも多く、けがの内容がむち打ちや打撲などの場合、長期の治療費の立て替えを行うことを嫌がり、数ヶ月で「打ち切り」と言われることが多くあります。
言い渡される時期は、だいたい治療開始から2~3ヶ月後が多く、これは保険会社が「だいたいこのくらいでむち打ちや打撲は改善する」という保険会社独自のデータに基づいているものと考えられます。

また、患者様(交通事故被害者)の通院の頻度が少ないと判断した場合にも、打ち切りを言われることがありますので、定期的に通院をするよう心がけましょう。

 

「打ち切り」=「治療終了」という意味ではない!

さて、打ち切りは、決して「もう治療費を絶対に支払わない」という意味ではありません。
ほとんどの場合「事故から一定期間が経過したため、治癒もしくはこれ以上の改善は望めないと判断して、いったん治療費の支払いを止めます。しかし、後で治療が必要であるとわかった時には、その分の治療費用も負担します」という意味です。
しかし、こうした連絡があると、多くの人は「もう治療費を払ってもらえない!」と思い込んでしまい、せっかく回復に向かっているのにも関わらず、自ら治療を止めてしまう方もいらっしゃいますが、決してそういう意味ではないですので、ご安心ください。

 

「打ち切り」の連絡があったらどうしたら良いの?

もし、保険会社から「打ち切り」の連絡があった場合、どうすればいいのでしょうか?
はじめに、保険会社から打ち切りの連絡があったことを、主治医(医師や整骨院の柔道整復師)に伝え、今後も治療を続けるべきであるのかどうかじっくりと相談しましょう。
損保会社は、痺れや痛みなどの自覚症状だけでは、治療継続の必要性を認めないこともありますので、必ず病院で診断をしてもらいます。
そして、主治医に治療を続ける必要性を認められたら、(1)(2)を行いましょう。

(1)保険会社に交渉する

医師から治療を続けるように言われた旨を保険会社に伝え、交渉しましょう。
交渉は、弁護士などの専門家から保険会社に連絡するとスムーズにいくことがあります。専門家に依頼できる場合は依頼すると良いでしょう。
(交通事故医療情報協会からも弁護士の紹介を行えますのでご相談ください)

(2)治療費を自己負担しておき、あとで保険会社へ請求する

打ち切り後の治療費は、正当だと認められた場合、自己負担分の治療費を保険会社に請求することができます。
つまり、打ち切り後であったとしても、一度自己負担で治療費を支払い、治療を継続するという方法もあるのです。

整骨院で治療を継続して行う場合、打ち切り後、どのような治療方針で回復を目指していくか、整骨院と相談をしましょう。

最終的に治療費が保険会社に認められるかは、自賠責機構や損保保険会社の判断に委ねられます。そして、治療費が認められない場合、治療費はすべて患者様ご自身の負担となります。
そのことを、理解した上で、

(A)自己負担は少ないが、治療内容に制限がある「健康保険を使用した治療」を選ぶか、
(最終的に治療費が認められなければ、健康保険を使えないので、健康保険負担分も自己負担となります)

(B)治療費は高いが、高い治療効果が期待できる「自費診療」で治療を継続するのか、

それぞれのメリットとデメリットについて、しっかり納得した上で、今後の治療方針を決めましょう。

「保険会社に整骨院には行くなと言われたんだけど・・・」

不幸にして、交通事故でケガをした時、どこで治療を受けるのが最善でしょうか。
交通事故によるケガは多くの場合、自賠責保険を使って治療を受けることができます。そのためには、まず、病院でレントゲンなどの検査を受け、診断していただく必要があります。
しかし、実際の痛みの改善となると、一概に病院が最善とは言えない部分があります。なぜなら、交通事故のケガの多くは、むち打ち症などレントゲンには映らない筋肉の異常であるため、病院ではシップと痛み止めだけの治療となってしまう場合があるからです。

整骨院は筋肉の専門家

では、痛みの改善に最善なのはどのような治療でしょう。
整骨院には、柔道整復師という国家試験を持った筋肉の専門家がいます。その専門家が患者様のお身体に直接触れて筋肉の異常を確認しながら一人一人の症状にあった方法で痛みを改善していきます。また、その治療に自賠責保険を使うことができます。

保険会社に整骨院には行くなと言われたんだけど・・・

ところが、患者様から、「『整骨院に通いたい』と保険会社に告げたところ『整骨院には行くな』と言われた。」というお話を聞くことがあります。
そう言われてしまうと、治療費が出ないのではないかと不安になり、整骨院に通うことをあきらめてしまい、いつまでもつらい痛みに苦しまれる患者様がいらっしゃいます。

先にも述べましたが、整骨院での施術でも自賠責保険を使うことができます。
また、当然、患者様にはどこで治療されるかを決める権利がございます。

保険会社が「整骨院に行かないでください」というのは「いかないで欲しい」という、あくまで保険会社の希望であり、「自賠責保険が使えない」という意味ではありません。

また、自賠責保険が使えるか否かを決めているのも、自賠責損害調査事務所であり保険会社ではありません。保険会社はあくまで、患者様や病院(整骨院)と自賠責損害調査事務所の中継ぎをしているにすぎません。

自賠責保険は、保険会社を通さずに直接、患者様から請求することも可能ですし、事務作業を行政書士や弁護士に依頼することも可能です。
一般社団法人交通事故医療情報協会でご紹介している整骨院様であれば、交通事故専門の弁護士に無料相談や依頼をすることも可能です。

確かな技術と知識を持った、スペシャリストに診てもらい、1日も早く痛みを改善しましょう。
この整骨院に通いたいと思ったら、お気軽に整骨院にお電話でお問合せください。

交通事故の治療、病院に通っているけど整骨院にも通ってよいの?


事故に遭い、しばらく病院や整形外科へ通っているけれど、
なかなか症状が良くならない、と感じる患者様がいらっしゃいます。

病院や整形外科の中には、レントゲンを撮って異常がないと湿布や薬だけを処方し、何の手立ても行わない場合もあるようです。
事故の症状の中でも、特にむち打ち症は早急に適切な施術を行わないと、
症状が長引き回復に時間がかかったり、後遺症として症状が残ってしまうことがあります。
病院や整形外科の治療で、症状が回復しない、ツライと思った時は
整骨院や接骨院での施術が大変有効な場合があります。

整骨院や接骨院の治療がなぜ有効なのか?

整骨院や接骨院の先生は、医師ではありませんが、「柔道整復師」という国家資格を持っています。
むち打ち症のほとんどは「頚椎捻挫」ですが、「捻挫」という症状は「柔道整復師」の得意分野なのです。
柔道整復師は整復・固定などの手技を用いて、1人1人の症状に合わせた施術を行い、人が本来もっている自然治癒力を最大限に引き出して症状の改善を図っていきます。

でも、病院に通っているのに、整骨院に通ってもいいの?

しかし、患者様の中には
「今、病院に通っているのに、整骨院にも通ってもいいの?」
と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
交通事故治療において、病院と整骨院は両方通うことは禁じられていませんので、
両方通うことは可能です。
また、整骨院でも自賠責保険を使った治療が可能ですので、原則治療費の負担は0円となります。

しかし、気をつけていただきたいことがあります。

「整骨院」だけ通うと、保険会社から治療費が支払われないことも

交通事故の治療は、整骨院でも受けられますが、
治療費を保険会社に請求する際、医師の診断書が必要となるため
必ず、病院と並行して整骨院に通うようにしましょう。
まず、保険会社に電話をし、「整骨院にも通いたい」と伝えてから
通うようにしましょう。

また、もし万が一、数カ月以上通っても症状が改善せず、後遺症となってしまった際、
病院へ通っていないと、医師に後遺障害の等級認定に必要な診断書を書いてもらうことが難しくなるため
病院は必ず継続して通うことが大切です。

交通事故治療は交通事故医療情報協会の認定院がおすすめです

だからといって、どの整骨院・接骨院の先生でも交通事故治療が可能かというとそうではありません。
交通事故治療は通常行われる治療と違い、経験・知識が必要不可欠ですので、
当協会では一定の基準を設けて柔道整復師の先生方を認定しています。
交通事故医療情報協会では、交通事故治療のエキスパートである「整骨院・接骨院」の先生を紹介していますので安心してご相談ください。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
https://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

物損扱いでも治療費は支払われる?!

こんにちは!
一般社団法人 交通事故医療情報協会の橋本です!

本日は、交通事故の「物損」と「人身」についてご紹介いたします。
簡単に言えば、「物損」とは物の被害で「人身」とはケガなどの人の被害ということになります。
事故の手続きも、物損事故は、書類だけで処理がされますが、人身事故の場合は、診断書を警察署に提出し、実況見分などを行う必要があります。
また、加害者には罰金や懲役または禁錮などの刑事罰が科されます。

そのため、加害者によっては事故現場で「治療費は出すので、物損扱いにして欲しい」といった、交渉をしてくる方もいらっしゃるようです。
しかし、交通事故の場合、事故当初は興奮して痛みを感じない場合や、むち打ち症のように時間が経ってから現れる症状もあります。
頼まれたからと言って、事故現場で約束などはしないように気を付けましょう。

また、加害者の保険会社から、物損事故のままでも治療費は出ますよと言われた場合でも、
治療が長引いたり後遺障害が残ってしまった場合などに希望するような治療費を払ってもらえないなどの不利益となる場合があります。

救急車を呼ぶほどの事故であれば当然 人身事故扱いとなりますが、軽いケガの場合や、むち打ち症などのように外傷がなく痛みだけがある場合などは、
人身事故扱いにしてもらうには、自分で病院に行き診断書を書いてもらい警察に届け出る必要があります。

また、ケガが軽いからと言って、すぐに病院に行かずにいると、事故と痛みの因果関係があやふやになり、
診断書を書いてもらえなくなる可能性もありますので、必ず1週間以内に病院に行って診察を受けるようにしましょう。

ご存知ですか!事故やトラブルを未然に防ぐドライブ前の「日常点検」

一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。
4月になり、春本番となりました!
寒い冬が終わり、最初の連休でもあるゴールデンウィークが今月末からはじまりますね。
ゴールデンウィークには、各地の観光名所にお出かけになる方が多くいらっしゃいます。
そのため、交通量も増え、比例して交通事故が増える時期でもあります。

皆様は、交通事故やトラブルを未然に防ぐことができる「自家用車の日常点検」をご存知でしょうか。

ドライブなどに長距離運転の前に、しっかりとチェックを行うことで、思わぬ事故を避けることができます。

日本自動車連盟 JAFによると、平成29年4月29日(土)~5月7日(日)の期間で、高速道路上の出動要請では、パンクが905件と最も多く、これは全体の29%になるそうです。

高速道路上でパンクは、大きな事故につながる恐れがありますので、高速道路を運転する前には必ず、ガソリンスタンドで空気圧のチェックやタイヤに傷などがないか確認する必要があります。

実は、このような、ドライブ前の「日常点検」を行うことで、交通事故やトラブルを未然に防ぐことができるのです。
タイヤ以外にも、エンジンオイルやブレーキ液などの残量チェックや各ランプ類の点灯チェックなど、15項目の「日常点検」をドライブ前の習慣にすると、安心してドライブを楽しむことができます。
ぜひ、日頃から自家用車の「日常点検」を行うよう、心がけましょう。

参考ページ:
日本自動車連盟(JAF) 自家用車の日常点検
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/check/daily_check/index.htm
*点検のやり方が詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

日本自動車連盟(JAF) データで見るロードサービス
http://www.jaf.or.jp/rservice/data/2017/season.htm
*出動要請の一覧をご覧いただくことができます。
ちなみに、高速道路上の出動要請の2位は「燃料切れ」。
高速を運転する前には、ガソリンの補充をお忘れなく!