むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

交通事故に遭遇したら(2)けが人の救護と警察への連絡


こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。


今回は「交通事故に遭遇した時の行動手順」についての
「行動1」~「行動2」の詳細についてお伝えいたします。
過去記事

行動1 けが人を救護し道路上の危険を除去しましょう



交通事故に遭ってしまった際は、
交通の妨げにならないような安全な場所に車を止め、
エンジンを切り、停止表示機材を設置しましょう。



負傷者がいる場合、軽症であればすぐに安全な場所に移動し、重症の場合は無理に動かさず、
119番に通報をし、救急車を呼びましょう。



119番に通報する時は、


①交通事故であること

②事故が起こった場所

③どんな事故なのか

④負傷者の状態

⑤通報している人の氏名・連絡先
を、伝えましょう。



行動2 警察に連絡をしましょう
事故の大きさに関わらず、交通事故に遭ってしまった際は、必ず警察に連絡をします。


警察への連絡をしないと、「交通事故証明書」が発行されず、
後日むち打ちの症状や身体に痛みが出た場合であっても、損害賠償の請求が原則できません。


Posted in 交通事故に遭ったら | Tagged , , , | 交通事故に遭遇したら(2)けが人の救護と警察への連絡 はコメントを受け付けていません。