むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

交通事故治療を行う時期ついて


こんにちは!
交通事故医療情報協会の橋本です。

さて、本日は「交通事故治療を行う時期」についてご紹介致します。

交通事故は、一般的な怪我と比べ、身体に負担のかかるケースが多く、
適切な治療を行わないと、のちのち後遺症が残り、辛い思いをすることがあります。

そのため、交通事故の治療は早期に始めることがとても重要です。

救急車で運ばれるような大きな交通事故を除き、
多くの方は、痛みを感じてから病院へ行く方がほとんどだと思います。

また、事故に遭っても「痛みが出ないから医療機関へは行かない」という方も多くいらっしゃいます。

実は、交通事故直後は、興奮状態にあるため、痛みを感じにくくなっています。
事故のあと数日経ってから首や腰などに痛みが生じて病院に行かれても
交通事故から日が経ってしまっているので、
その痛みの原因が「交通事故」であるということに気がつかない方もいらっしゃいます。

また、痛みを我慢し、病院や整骨院で治療をはじめるタイミングが遅れると
・交通事故との因果関係が認められず 自賠責からの治療費が支払われない
・後遺症が残りやすくなる

というようなことが起こる可能性があります。

今年の冬は例年に比べとても寒く、関東地方や普段あまり雪の降らない地域でも大雪が降りました。
その影響で、各地でスリップ事故などの交通事故数が多く発生しています。
ちょっとした追突事故でも、身体に衝撃を受け、あとから首や腰に痛みを感じる方もいらっしゃいます。

交通事故に遭ったら、痛みがなくても、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

また、むち打ち症などの症状がなかなか良くならない場合は、
「交通事故医療情報協会」に認定された医療機関への受診をおすすめいたします。

いつでもご相談ください。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
http://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

Posted in 交通事故の治療について | Tagged , , , , , , , | 交通事故治療を行う時期ついて はコメントを受け付けていません。

当協会の公式キャラクター「ふぉーたん」「らったん」のご紹介

こんにちは。一般社団法人 交通事故医療情報協会の佐々木です。

みなさんは、当協会の公式キャラクター「ふぉーたん」と「らったん」をご存知でしょうか?
今回は、当サイトや認定院に設置してあるグッズなど、様々なシーンで活躍中の「ふぉーたん」「らったん」をご紹介します。

まずは、名前の由来から。

「ふぉーたん」=「Fortune turn」
「らったん」=「Lucky turn」
いずれも、幸運をもたらすという縁起の良い名前です。
不幸にも交通事故に遭った方々の、災いを転じて、幸運が訪れますように・・・
私達スタッフの想いと当協会の理念が込められています。

彼らの任務について。

「ふぉーたん(兄)」、「らったん(妹)」は双子の兄妹で、ターン王国(だるまの妖精界)から人間界へやって来ました。任務は主に「協会の広報活動=交通事故に関する様々な情報をみなさまにわかりやすくお伝えすること」です。
災いを転じて幸運をもたらすため、日々頑張っています。

「だるま」なのに赤じゃない!?

普段の彼らは「ふぉーたん」は黄緑色、「らったん」がピンク色です。これは、遠目からでも誰だかわかるためと、彼らの好きな色を着用しているからです。とはいえ、だるまですので正装時はもちろん「赤」で、ここぞという時やLINEスタンプで謝罪の際などは赤色を着用しております(^^)

以上、少しでもご興味をお持ちいただけましたら幸いです!
「ふぉーたん」「らったん」が出演中の「医療ガイドブック」は認定院で配布しております。ぜひ、お近くの認定院でご一読ください。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
http://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

Posted in 交通事故医療情報協会について | Tagged , , , , , , | 当協会の公式キャラクター「ふぉーたん」「らったん」のご紹介 はコメントを受け付けていません。

事故による怪我はどこで治療したらいい?

はじめまして。
交通事故医療情報協会の長谷川です。

今回は、事故にあった際、治療を行う医療機関について
お伝えします。

まず、交通事故に遭われた際、病院や整形外科に行かれる方が
ほとんどだと思います。
事故に遭われた際に、病院でレントゲンやMRIなどで検査をしていただくことは大変重要です。
事故にあったばかりの時は驚きやパニックで痛みを感じていない場合が多いため、軽く見てしまいがちですが
痛みの有無にかかわらず、必ず検査を行いましょう。

しかし、交通事故の場合病院へ行ってレントゲンなどに異常はないのに
首や肩に痛みを感じたり、めまいや吐き気といった症状が出る場合があります。
医師から「むち打ち症」と診断され、湿布や薬を処方される方も
いらっしゃるかもしれません。

そのまま湿布や薬で痛みが治まっていけば良いのですが、
むち打ち症の場合、なかなか回復に至らず、いつまでも痛みで苦しむ場合があります。

実は、むち打ち症の多くは「外傷性頸部捻挫」といわれる「捻挫型」の症状です。
あまり知られていませんが、「捻挫」などの筋肉の損傷からくる痛みの改善は
整形外科よりもむしろ「柔道整復師」(整骨院・接骨院)の専門分野であり、得意とするところです。
病院や整形外科は、レントゲンやMRIではわからない「筋肉」の異常や損傷に対して
有効な治療ができないのに対し、
柔道整復師(整骨院・接骨院)は、問診・視診・触診を入念に行い、
手技療法や治療器具を用いて、その人の症状にあった施術を行う
ので、
人によっては初診で症状が緩和する場合もあります。

病院へ通っているけれど、なかなか回復しないむち打ち症に悩んでいる方、
またはお近くにそのような患者さまがいらっしゃる場合は、
「交通事故医療情報協会」に認定された医療機関への受診をおすすめします。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
http://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

Posted in 交通事故の治療について | Tagged , , , , , , | 事故による怪我はどこで治療したらいい? はコメントを受け付けていません。

当協会は交通遺児等育成基金を支援しています

当協会では、保護者の方が交通事故で亡くなられたり
重度の後遺障害が原因で就業できない等の理由で、
経済的に就学が困難になった子どもたちに対し、支援活動を行っています。

賛助会員として支援させていただいている交通遺児等育成基金では、
「交通遺児等の生活基盤の安定を図る事業等を行い、交通遺児等の健全な育成を図ること」を目的に、
交通遺児に対する給付(0歳児から19歳の交通遺児に育成資金を継続給付)及び
交通遺児に対する精神的支援活動(交通遺児友の会への支援等)を行っています。

2017年度も、交通遺児等育成基金として100,000円の寄付をさせていただきましたことを、
ここにご報告致します。

一般社団法人 交通事故医療情報協会では、これからも賛助会員として寄付を続けて参ります。

Posted in 交通事故医療情報協会について | Tagged , , , | 当協会は交通遺児等育成基金を支援しています はコメントを受け付けていません。

こんな場合も?子供による事故を防ぐために注意するポイント


初めまして、一般社団法人交通事故医療情報協会の中村です。

師走を迎え、何かと慌ただしい日々だと思います。
そろそろ、学校では冬休みに入る時期でもあります。
それに伴い、学生の方々や子供たちに関わる事故も多くなってくるので、
ドライバーの皆さんはより一層注意が必要です。

また、この時期は日没時間が早くなるので早めにライトを点灯するなど気をつけなければなりません。
私も子供の送り迎えや買い物などで毎日運転をしています。
学校や幼稚園、保育園の近く、通学路、公園など子供が集まる場所を運転する際にはかなり注意深く気をつけています。
しかし、子供は予測不能な行動をすることが多々あります。
また、子どもは背が低く、遠くを見渡すことが難しいのです。
そして夢中になると視野が狭くなり周囲の状況を把握しづらくなります。

以下は、子供の交通事故を防ぐために注意すべきポイントです。

■歩道に子どもがいたら、反対側の歩道にも注意
歩道に子どもがいる場合、飛び出しに細心の注意を払うのは当然のことですが、
一方で、この子どものもとへ反対車線側の歩道から別の子供が走ってくる可能性もあります。
公園や広場のある路地を通過する際には、十分注意して走行するようにしましょう。

■駐車車両があったら、死角に警戒
走行中、前方に駐車車両を見つけたら、死角からの突然の飛び出しに警戒しましょう。
また、車両近くにいる子どもは、近づいてくる車が全く見えていないこともあるため、
車両を追い抜く際は徐行運転を心がけましょう。
 
ドライバーである我々大人が細心の注意を払い、安全運転を心がけましょう。

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , | こんな場合も?子供による事故を防ぐために注意するポイント はコメントを受け付けていません。

交通安全のために、早めのライト点灯をしよう!

こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の長谷川です。

さて、地域によっても異なりますが、
このところ「あれっもうこんなに暗い!」と感じるほど、
日没時間が早くなりました。

それもそのはず。
東京地点で調べてみると、現在は16時半前後で、
11月30日頃まで日没時間がどんどん早くなっていきます。

実は、秋から冬にかけての今の季節は、
日没の視界が悪くなる時間帯と通学通勤の帰宅時間帯とが重なるため、
夕方の交通事故がとても増える時期なんです。

また、薄暮(はくぼ)といわれる、
日没後しばらく明るい時間帯は、
「まだ明るい」と錯覚してしまうため、
車のライト点灯のタイミングが遅れ、
交通事故の原因になることもあるそうです。

今の季節は「秋の日はつるべ落とし」といわれるように、
あっという間に日が落ちて暗くなってしまいます。

交通安全の為に、車のライトは早めに点灯しましょう!

また、自転車や徒歩の方も、
反射板を身につけることで車から身を守ることができます

交通事故は、一人ひとりが少し意識するだけで減らせます。
ぜひ、心がけるようにしましょう!

「日没30分前にライトを点灯して事故を減らそう!」という
「おもいやりライト運動」を行っている団体もあるそうです。
▼おもいやりライト運動サイト
http://www.omoiyari-light.com/

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , , | 交通安全のために、早めのライト点灯をしよう! はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭遇したら(6)ご自身が加入している保険会社に連絡をしましょう


交通事故の場合、保険金を支払うのは加害者側の損保会社というイメージがありますが、
ご自身が加入している保険からも保険金が支払われるケースがありますので、
念のため自分の保険会社にも忘れずに連絡をしましょう

任意でご加入されている保険(任意保険)には、様々のサービスが付帯されています。
特に、搭乗者傷害保険をかけている場合には、ご自身が加入されている保険会社に対し、
保険金を請求することができます。

損保会社は基本的に、契約者から申請があった件に対してのみお金を払うことになっていますので、
連絡をしなければ
補償を受けられません。

また、自動車の損保会社だけでなく、加入している生命保険会社に対しても忘れずに連絡を行います。
(搭乗者傷害保険は等級に影響しない保険のひとつです)

Posted in 交通事故に遭ったら | Tagged , , , | 交通事故に遭遇したら(6)ご自身が加入している保険会社に連絡をしましょう
 はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭遇したら(5)事故の状況を記録する


こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。
今回は「交通事故に遭遇した時の行動手順」についての「行動5」の詳細についてお伝えいたします。

【行動5】 実況見分調書の作成をしてもらいましょう



事故現場に警察が到着すると、実況見分がはじまります。
実況見分調書には、以下の項目が記載されます。

《実況見分調書に記載される項目》
作成日
作成者
見分
日時
場所
立会人
現場道路や車両の状況
立会人(被害者・加害者・目撃者など)
現場の見取り図(添付されます)
写真(添付されます)

保険会社は、主にこの実況見分調書に基づいて、
当事者の過失割合を算出します。
また、救急車を呼ぶほどのけがでない限り、警察はまず「物損事故」として処理します

事故のあとに、痛みやむち打ち症の症状が出た場合、
「人身事故」になっていないと自賠責を使って治療することができません。
すぐに警察に医師の診断書を提出し、「人身扱い」に切り替えてもらいましょう。

Posted in 交通事故に遭ったら | Tagged , , , , , , | 交通事故に遭遇したら(5)事故の状況を記録する はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭遇したら(4)事故の状況を記録する


こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。

今回は「交通事故に遭遇した時の行動手順」についての「行動4」の詳細についてお伝えいたします。

【行動4】

事故の状況を記録しましょう



交通事故の直後はパニックに陥り、物事を冷静に判断できなくなります。

また、その時はすべて把握しているつもりでも、加害者の証言と食い違いが出てきたりすると、
記憶があいまいになり、正しい状況の説明ができなくなる場合があります。



のちのち、客観的に事故の状況を説明できるよう、あらゆる角度から写真を撮り、
記録しておくことが大切です
。




《目撃証言も有力な情報になります》


事故が発生した当初、現場に居合わせた方の目撃証言は、
示談の話し合いの時などに重要になる場合があります。

周囲に目撃者がいた場合は、いざという時に証言をお願いできるよう
目撃者の氏名・連絡先を聞いてメモをしておきましょう。


Posted in 交通事故に遭ったら | Tagged , , , | 交通事故に遭遇したら(4)事故の状況を記録する はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭遇したら(2)けが人の救護と警察への連絡


こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。


今回は「交通事故に遭遇した時の行動手順」についての
「行動1」~「行動2」の詳細についてお伝えいたします。
過去記事

行動1 けが人を救護し道路上の危険を除去しましょう



交通事故に遭ってしまった際は、
交通の妨げにならないような安全な場所に車を止め、
エンジンを切り、停止表示機材を設置しましょう。



負傷者がいる場合、軽症であればすぐに安全な場所に移動し、重症の場合は無理に動かさず、
119番に通報をし、救急車を呼びましょう。



119番に通報する時は、


①交通事故であること

②事故が起こった場所

③どんな事故なのか

④負傷者の状態

⑤通報している人の氏名・連絡先
を、伝えましょう。



行動2 警察に連絡をしましょう
事故の大きさに関わらず、交通事故に遭ってしまった際は、必ず警察に連絡をします。


警察への連絡をしないと、「交通事故証明書」が発行されず、
後日むち打ちの症状や身体に痛みが出た場合であっても、損害賠償の請求が原則できません。


Posted in 交通事故に遭ったら | Tagged , , , | 交通事故に遭遇したら(2)けが人の救護と警察への連絡 はコメントを受け付けていません。