むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

交通安全啓蒙

ご存知ですか!事故やトラブルを未然に防ぐドライブ前の「日常点検」

一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。
4月になり、春本番となりました!
寒い冬が終わり、最初の連休でもあるゴールデンウィークが今月末からはじまりますね。
ゴールデンウィークには、各地の観光名所にお出かけになる方が多くいらっしゃいます。
そのため、交通量も増え、比例して交通事故が増える時期でもあります。

皆様は、交通事故やトラブルを未然に防ぐことができる「自家用車の日常点検」をご存知でしょうか。

ドライブなどに長距離運転の前に、しっかりとチェックを行うことで、思わぬ事故を避けることができます。

日本自動車連盟 JAFによると、平成29年4月29日(土)~5月7日(日)の期間で、高速道路上の出動要請では、パンクが905件と最も多く、これは全体の29%になるそうです。

高速道路上でパンクは、大きな事故につながる恐れがありますので、高速道路を運転する前には必ず、ガソリンスタンドで空気圧のチェックやタイヤに傷などがないか確認する必要があります。

実は、このような、ドライブ前の「日常点検」を行うことで、交通事故やトラブルを未然に防ぐことができるのです。
タイヤ以外にも、エンジンオイルやブレーキ液などの残量チェックや各ランプ類の点灯チェックなど、15項目の「日常点検」をドライブ前の習慣にすると、安心してドライブを楽しむことができます。
ぜひ、日頃から自家用車の「日常点検」を行うよう、心がけましょう。

参考ページ:
日本自動車連盟(JAF) 自家用車の日常点検
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/check/daily_check/index.htm
*点検のやり方が詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

日本自動車連盟(JAF) データで見るロードサービス
http://www.jaf.or.jp/rservice/data/2017/season.htm
*出動要請の一覧をご覧いただくことができます。
ちなみに、高速道路上の出動要請の2位は「燃料切れ」。
高速を運転する前には、ガソリンの補充をお忘れなく!

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , , , | ご存知ですか!事故やトラブルを未然に防ぐドライブ前の「日常点検」 はコメントを受け付けていません。

春の全国交通安全運動が始まります

今年も春の全国交通安全運動の季節がやってきました。
平成30年今年の「春の全国交通安全運動」は、4月6日(金)から15日(日)までの10日間です。
スローガンは、「春風に 一緒にのせよう ゆとりとマナー」です。

交通安全運動は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、
交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、
国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、
交通事故防止の徹底を図ることを目的として、毎年、春と秋の2回実施されています。

4月は新しく入学する児童や自転車で通学する生徒が増える季節です。
交通安全への意識が未熟な入学児童も多く、登下校の時間では小学校付近や通学路などで十分な注意が必要です。
また自動車の運転免許を取得したばかりのドライバーも増加し、事故の危険性が高まる時期でもあります。

何かが始まるこの季節、気持ちも新たにドライバーである我々大人が細心の注意を払い、
安全運転を心がけましょう。

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , | 春の全国交通安全運動が始まります はコメントを受け付けていません。

ご存知ですか「それってひき逃げかも」

春になり暖かくなると、外で遊ぶ子どもが多くなり
飛び出しや、接触事故が増えてきます。

子どもとの接触事故などの際に
子どもに「大丈夫?どこか痛くない?」と聞いて
「うん、大丈夫」と答えたからといって、そのまま帰してしまうと
ドライバーには、そのつもりがなくても、
「ひき逃げ」になってしまう可能性があります。

子どもは、「大丈夫?」と聞かれても
「悪いことをした」「叱られるかも」と思い
反射的に「うん、大丈夫」と答えてしまうことが多いものです。

しかし、見えない部分にケガをしていることもありますし
興奮が収まってから、痛みを自覚する場合も少なくありません。

たとえ大丈夫と思っても、事故の際は必ず警察に届けましょう。

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , | ご存知ですか「それってひき逃げかも」 はコメントを受け付けていません。

こんな場合も?子供による事故を防ぐために注意するポイント


初めまして、一般社団法人交通事故医療情報協会の中村です。

師走を迎え、何かと慌ただしい日々だと思います。
そろそろ、学校では冬休みに入る時期でもあります。
それに伴い、学生の方々や子供たちに関わる事故も多くなってくるので、
ドライバーの皆さんはより一層注意が必要です。

また、この時期は日没時間が早くなるので早めにライトを点灯するなど気をつけなければなりません。
私も子供の送り迎えや買い物などで毎日運転をしています。
学校や幼稚園、保育園の近く、通学路、公園など子供が集まる場所を運転する際にはかなり注意深く気をつけています。
しかし、子供は予測不能な行動をすることが多々あります。
また、子どもは背が低く、遠くを見渡すことが難しいのです。
そして夢中になると視野が狭くなり周囲の状況を把握しづらくなります。

以下は、子供の交通事故を防ぐために注意すべきポイントです。

■歩道に子どもがいたら、反対側の歩道にも注意
歩道に子どもがいる場合、飛び出しに細心の注意を払うのは当然のことですが、
一方で、この子どものもとへ反対車線側の歩道から別の子供が走ってくる可能性もあります。
公園や広場のある路地を通過する際には、十分注意して走行するようにしましょう。

■駐車車両があったら、死角に警戒
走行中、前方に駐車車両を見つけたら、死角からの突然の飛び出しに警戒しましょう。
また、車両近くにいる子どもは、近づいてくる車が全く見えていないこともあるため、
車両を追い抜く際は徐行運転を心がけましょう。
 
ドライバーである我々大人が細心の注意を払い、安全運転を心がけましょう。

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , | こんな場合も?子供による事故を防ぐために注意するポイント はコメントを受け付けていません。

交通安全のために、早めのライト点灯をしよう!

こんにちは!一般社団法人 交通事故医療情報協会の長谷川です。

さて、地域によっても異なりますが、
このところ「あれっもうこんなに暗い!」と感じるほど、
日没時間が早くなりました。

それもそのはず。
東京地点で調べてみると、現在は16時半前後で、
11月30日頃まで日没時間がどんどん早くなっていきます。

実は、秋から冬にかけての今の季節は、
日没の視界が悪くなる時間帯と通学通勤の帰宅時間帯とが重なるため、
夕方の交通事故がとても増える時期なんです。

また、薄暮(はくぼ)といわれる、
日没後しばらく明るい時間帯は、
「まだ明るい」と錯覚してしまうため、
車のライト点灯のタイミングが遅れ、
交通事故の原因になることもあるそうです。

今の季節は「秋の日はつるべ落とし」といわれるように、
あっという間に日が落ちて暗くなってしまいます。

交通安全の為に、車のライトは早めに点灯しましょう!

また、自転車や徒歩の方も、
反射板を身につけることで車から身を守ることができます

交通事故は、一人ひとりが少し意識するだけで減らせます。
ぜひ、心がけるようにしましょう!

「日没30分前にライトを点灯して事故を減らそう!」という
「おもいやりライト運動」を行っている団体もあるそうです。
▼おもいやりライト運動サイト
http://www.omoiyari-light.com/

Posted in 交通安全啓蒙 | Tagged , , , , | 交通安全のために、早めのライト点灯をしよう! はコメントを受け付けていません。