むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

交通事故の治療について

交通事故のけがの回復力をあげるには


こんにちは!
一般社団法人 交通事故医療情報協会の伊藤です。

本日は、「交通事故のけがの回復力をあげるには」をご紹介します。

「病は気から」ということわざがあります。

「病は気から」とは、気の持ちようによって、病気は良くもなるし、
悪くもなるということを表していることわざです。

実は、このことわざは、単なる迷信ではなく
実際に、『人の「心の状態」と「身体の状態」は、密接な関係にある』
ということが近年明らかになってきています。

例えば、体調が悪く気持ちもふさぎ込んでいる時は、免疫力も落ち、
逆に、笑っている時には免疫力が高くなると言われています。
つまり、気持ちが明るければ、身体も早く回復できるということです。

気持ちが沈んでいる時、
目線はうつろで、姿勢も悪くなり、
周りからみてもすぐに「落ち込んでいる」ということが伝わってしまいます。

そのような姿勢では、血流も低下し、免疫力も落ちてしまうので、ますます気持ちが沈んでしまうものです。
逆に、楽しいことや好きなことをしている時は、多少の疲れや痛みなど気になりません。
誰にでも、このような経験があることと思います。

このように、
「心」と「身体」は連動していますので、前向きな気持ちを持つほど、
回復力が高まると言われています。

実は、交通事故の治療を行う中でも、「痛みに負けないで、早く元気になるぞ!」という
患者様本人の前向きな気持はとても大切なことなのです。

「なかなか首の痛みが良くならないし、今日は天気も悪いし、なんて嫌な日なんだろう」
と考えていると、元気もなくなり、痛みの回復を遅らせてしまいます。

身体がつらいときに、前向きな気持ちを持つのは難しいものですが
「元気になったら●●をするんだ!」というように、目標やご褒美を決めて、
常に気持ちを前向きにして、回復力をあげましょう!

Posted in 交通事故の治療について | 交通事故のけがの回復力をあげるには はコメントを受け付けていません。

交通事故治療を行う時期ついて


こんにちは!
交通事故医療情報協会の橋本です。

さて、本日は「交通事故治療を行う時期」についてご紹介致します。

交通事故は、一般的な怪我と比べ、身体に負担のかかるケースが多く、
適切な治療を行わないと、のちのち後遺症が残り、辛い思いをすることがあります。

そのため、交通事故の治療は早期に始めることがとても重要です。

救急車で運ばれるような大きな交通事故を除き、
多くの方は、痛みを感じてから病院へ行く方がほとんどだと思います。

また、事故に遭っても「痛みが出ないから医療機関へは行かない」という方も多くいらっしゃいます。

実は、交通事故直後は、興奮状態にあるため、痛みを感じにくくなっています。
事故のあと数日経ってから首や腰などに痛みが生じて病院に行かれても
交通事故から日が経ってしまっているので、
その痛みの原因が「交通事故」であるということに気がつかない方もいらっしゃいます。

また、痛みを我慢し、病院や整骨院で治療をはじめるタイミングが遅れると
・交通事故との因果関係が認められず 自賠責からの治療費が支払われない
・後遺症が残りやすくなる

というようなことが起こる可能性があります。

今年の冬は例年に比べとても寒く、関東地方や普段あまり雪の降らない地域でも大雪が降りました。
その影響で、各地でスリップ事故などの交通事故数が多く発生しています。
ちょっとした追突事故でも、身体に衝撃を受け、あとから首や腰に痛みを感じる方もいらっしゃいます。

交通事故に遭ったら、痛みがなくても、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

また、むち打ち症などの症状がなかなか良くならない場合は、
「交通事故医療情報協会」に認定された医療機関への受診をおすすめいたします。

いつでもご相談ください。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
http://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

Posted in 交通事故の治療について | Tagged , , , , , , , | 交通事故治療を行う時期ついて はコメントを受け付けていません。

事故による怪我はどこで治療したらいい?

はじめまして。
交通事故医療情報協会の長谷川です。

今回は、事故にあった際、治療を行う医療機関について
お伝えします。

まず、交通事故に遭われた際、病院や整形外科に行かれる方が
ほとんどだと思います。
事故に遭われた際に、病院でレントゲンやMRIなどで検査をしていただくことは大変重要です。
事故にあったばかりの時は驚きやパニックで痛みを感じていない場合が多いため、軽く見てしまいがちですが
痛みの有無にかかわらず、必ず検査を行いましょう。

しかし、交通事故の場合病院へ行ってレントゲンなどに異常はないのに
首や肩に痛みを感じたり、めまいや吐き気といった症状が出る場合があります。
医師から「むち打ち症」と診断され、湿布や薬を処方される方も
いらっしゃるかもしれません。

そのまま湿布や薬で痛みが治まっていけば良いのですが、
むち打ち症の場合、なかなか回復に至らず、いつまでも痛みで苦しむ場合があります。

実は、むち打ち症の多くは「外傷性頸部捻挫」といわれる「捻挫型」の症状です。
あまり知られていませんが、「捻挫」などの筋肉の損傷からくる痛みの改善は
整形外科よりもむしろ「柔道整復師」(整骨院・接骨院)の専門分野であり、得意とするところです。
病院や整形外科は、レントゲンやMRIではわからない「筋肉」の異常や損傷に対して
有効な治療ができないのに対し、
柔道整復師(整骨院・接骨院)は、問診・視診・触診を入念に行い、
手技療法や治療器具を用いて、その人の症状にあった施術を行う
ので、
人によっては初診で症状が緩和する場合もあります。

病院へ通っているけれど、なかなか回復しないむち打ち症に悩んでいる方、
またはお近くにそのような患者さまがいらっしゃる場合は、
「交通事故医療情報協会」に認定された医療機関への受診をおすすめします。

あなたの街の医療機関検索はこちらから!
http://www.jiko-iryo.com/serchtop.php

Posted in 交通事故の治療について | Tagged , , , , , , | 事故による怪我はどこで治療したらいい? はコメントを受け付けていません。

交通事故医療情報協会のブログをスタートします!

皆さま、初めまして。

私は、一般社団法人 交通事故医療情報協会 代表理事 吉田 崇と申します。

これから、定期的に交通事故に遭ってしまわれた方への情報提供をさせていただきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

Posted in 交通事故の治療について | Tagged | 交通事故医療情報協会のブログをスタートします! はコメントを受け付けていません。