むち打ち治療等の検索|(社)交通事故医療情報協会 ブログ

事故に遭ったのだけど病院より整骨院に通いたいのですが

交通事故に遭われた患者様の中には「病院より整骨院に通いたい」と希望される方もいらっしゃいます。
交通事故に遭った際、病院へ行かれるのが一般的ですが、病院や整形外科によっては、レントゲンを撮って異常がないと判断すると湿布や薬だけ処方し、経過観察という場合もあるようです。
そのような病院へ通っていると、痛みやしびれが長引く患者様は
「本当にこのままでよくなるのだろうか?」
「このままこの病院へ通っていて大丈夫だろうか?」
と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

整骨院や接骨院は一人ひとりに合わせた治療を行います

整骨院や接骨院では、一人ひとりの身体の状態を視て、適切な施術を行います。
交通事故によって「むち打ち症」になる方は多いのですが、むち打ち症は「頸椎捻挫」であることがほとんどです。
この「捻挫」は整骨院の先生である「柔道整復師」の得意分野ですので、適切で丁寧なケアが可能です。
また、病院と違い、夜間も開院している院も多いので、忙しい患者様も安心して施術を受けることができます。

病院と整骨院は一緒に通いましょう

整骨院のみに通うと、
・後遺症が残った時に、後遺障害が認められない
・治療費が自賠責保険から支払われない
など患者様にとって大きな不利益と繋がります!
必ず、病院と整骨院はセットで通うようにしましょう。

それでは、病院と整骨院、一緒に通うために気をつけてほしいポイントをお伝えします。

現在通っている病院の許可を得る

現在、患者様が通っている病院に、「整骨院へも通いたい」と伝えてください。
患者様の中には今お世話になっている病院の先生に伝えにくいと思われる方もいらっしゃいます。
その場合は、「仕事の都合で病院が開いている時間に通えないので、整骨院へも通いたい」とお伝えすると良いでしょう。
治療をどこで受けるのかは、患者様に選ぶ権利があります。
また、ご自分の体のためでもあります。遠慮なく伝えしましょう。

保険会社へ連絡をする

現在通っている病院と別に、整骨院へ通いたい旨、保険会社へ連絡をしましょう。
連絡のないまま、整骨院へ勝手に通院すると自賠責などの保険で治療できない場合があります。
しかし、保険会社によっては、整骨院に通うことを止める担当者様もいらっしゃいます。
患者様の中には、「保険会社がNGというなら…」と迷われる方もいらっしゃいますが、保険会社が「整骨院に行かないでください」というのは「いかないで欲しい」という、あくまで保険会社の希望であり、「自賠責保険が使えない」という意味ではありません。
保険会社はあくまで、患者様や病院(整骨院)と自賠責損害調査事務所の中継ぎをしているにすぎません。

自賠責保険は、保険会社を通さずに直接、患者様から請求することも可能ですし、事務作業を行政書士や弁護士に依頼することも可能です。

1ヶ月に1回以上、病院で診断をしてもらう

整骨院に通い始めても、必ず月に1回以上は病院で診断をしてもらいましょう。
医師に治療継続の必要性を判断してもらうと、治療費の支払いがスムーズです。
また、後遺症が残った際は医師の継続的な診断がないと認められませんので、必ず受診しましょう。

(一社)交通事故医療情報協会認定院の整骨院の先生方は交通事故治療のプロフェッショナルです。
また、病院との併院についての調整や保険会社との連絡も、多くの交通事故の患者様を診てらっしゃるので豊富な知識をお持ちです。
そういった点でも、交通事故治療は経験や実績の多い治療院を選ぶと安心して治療に専念できますので、おすすめです。

「令和2年の秋の全国交通安全運動」活動報告

先日、9月21日(月)から30日(水)まで、秋の全国交通安全運動が行われました。

「全国交通安全運動」は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催し、年2回、春と秋に行われる全国的な交通安全運動で、一般社団法人交通事故医療情報協会は、「全国交通安全運動」の協賛団体に指定されています。

当協会は協賛団体の一員として、以下の「交通安全活動」を行いました。

1.当協会が認定する全国52か所の整骨院(接骨院)から、秋の全国交通安全運動のポスターの掲示とチラシの配布活動

2.一部の認定院では「交通事故ゼロを目指して!」と記載されたチャリティつきポケットティッシュを配布
(このキャンペーンは、当協会が主催するもので、ポケットティッシュ 1個につき 1円が公益財団法人交通遺児育英会へ寄付され、交通遺児の修学に役立てられます)

3.当協会スタッフがニッポン放送のラジオに出演し、交通安全運動及び交通安全について呼びかけ
▼ラジオの内容は、こちらからお聴きいただけます
https://www.youtube.com/watch?v=q63GZi5VNpI&feature=youtu.be

▼【読売新聞 電子版】当協会とニッポン放送のコラボ番組が各メディアに取り上げられました!(下記URLは読売新聞のもの)
https://yab.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/226653.html

4.(社)交通事故医療情報協会本部では、交通安全運動期間中、公式Facebookページから交通安全に関する情報を発信

(社)交通事故医療情報協会は、今後も「交通安全運動」に力を入れ、1件でも悲しい交通事故が減るように活動して参ります。

▼一般社団法人交通事故医療情報協会についてはこちらからご覧ください

https://www.jiko-iryo.com/

「秋の全国交通安全運動」啓蒙活動のため、ラジオ番組に出演しました!

毎年恒例の「秋の全国交通安全運動」が、9月21日(月祝)より10日間開催されています。
当協会は、2018年より「全国交通安全運動」の協賛団体として、当協会や、全国の認定整骨院を通じて「交通安全推進運動」を行っております。

さて、今回の「秋の全国交通安全運動」の開催に際しまして、当協会の代表理事会長 吉田崇、理事長 橋本弥生、理事補 伊藤樹里の3名が
9月20日(日)にニッポン放送より放送された「神田莉緒香のKANDAFUL RADIO」にゲスト出演し、「交通安全運動」と「交通安全」についてお話させていただきました。

ラジオ放送を、当協会のYoutubeチャンネル内で公開中です。(ニッポン放送さんご承諾済みです)
15分程の内容になりますので、ぜひこの「交通安全運動」の期間に一度お聴きくださいませ。
https://youtu.be/q63GZi5VNpI

また、番組のパーソナリティ 神田莉緒香さんは、「即興演奏の弾き語り」を得意となさっており、
今回番組の中で、「交通安全」をテーマにした「即興演奏」を披露してくださいました。

とても素晴らしい歌でしたので、ご紹介させていただきます。
▼神田さんの即興演奏の部分から再生していただけます
https://youtu.be/q63GZi5VNpI?t=637

私たち(社)交通事故医療情報協会は、これからも「全国交通安全運動」を通じて「交通安全」について、
私たち自身も、そして全国約50か所の認定院である会員様と一緒に、「交通安全」の啓蒙活動を続けてまいります!

★神田莉緒香さんのYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC6ZM7lnScCeZUQ_IrucTAxg

★神田莉緒香さんのTwitter
https://twitter.com/re_okari

「令和2年の春の全国交通安全運動」活動報告

先日、4月6日(月)から15日(水)まで、秋の全国交通安全運動が行われました。

 

「全国交通安全運動」は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催し、年2回、春と秋に行われる全国的な交通安全運動で、一般社団法人交通事故医療情報協会は、「全国交通安全運動」の協賛団体に指定されています。

 

当協会は協賛団体の一員として、当協会が認定する整骨院(接骨院)では、秋の全国交通安全運動のポスターの掲示とチラシの配布活動を行い、交通安全を呼びかけ致しました。

ポスターは、全国50箇所の認定院で掲示、チラシは5,200部配布致しました。

 

また、一部の認定院では「交通事故ゼロを目指して!」と記載されたチャリティつきポケットティッシュを配布するキャンペーンを行いました。

(このキャンペーンは、当協会が主催するもので、ポケットティッシュ 1個につき 1円が公益財団法人交通遺児育英会へ寄付され、交通遺児の修学に役立てられます)

 

(社)交通事故医療情報協会本部では、交通安全運動期間中、本公式ブログから交通安全に関する情報を発信致しました。

 

(社)交通事故医療情報協会は、今後も「交通安全運動」に力を入れ、1件でも悲しい交通事故が減るように活動して参ります。

 

▼【読売新聞 電子版】当協会の交通安全運動について紹介されています

https://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00060135.html

 

▼一般社団法人交通事故医療情報協会についてはこちらからご覧ください

https://www.jiko-iryo.com/

「あおり運転」と誤解されないために・遭ってしまったら?

昨今、「あおり運転」に関するニュースを耳にする機会が増えました。

昨年のゴールデンウィークには、高速道路上で、無理な追い越しに驚きクラクションを鳴らしたところ、

ペットボトルを投げつけられたり、ジグザグ運転やのろのろ運転などの危険な進路妨害を受けたとニュースで取り上げられていました。

このような危険行為は、一歩間違えば大事故になりかねません。

このような運転中の危険行為は「あおり運転」と言われ、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為です。

 

・車間距離を詰める

・幅寄せ

・蛇行運転

・クラクションでの威嚇

・必要のないハイビーム

上記の5つは一般的にあおり行為であると捉えられる代表的な危険行為です。

いずれも道路交通法違反に該当する危険運転で、また、これらの行為は「車間距離保持義務違反」「進路変更禁止違反」「急ブレーキ禁止違反」等の道路交通法違反のほか、「危険運転致死傷罪(妨害目的運転)」や「刑法の暴行罪」に該当することがあります。

 

 

「あおり運転」と誤解されないために

車を運転する際は、周りの車の動きなどに注意し、相手の立場を考えた思いやりの気持ちを持って、ゆずり合いの運転をすることが大切です。

・発進は「ゆっくり」と。停止するときは「徐々に減速」しましょう

・充分な「車間距離」をとりましょう

・車線変更は、「距離を充分」にとり、「ゆっくりとスライド」

・道を譲りましょう

 

万が一、あおり運転に遭ってしまったら?

「安全な場所から110番通報」をしましょう。

車を運転中に、危険な運転者に追われるなどの行為に遭った場合は、サービスエリアやパーキングエリアなどの交通事故に遭わない場所に避難して、警察に110番通報をしましょう。

正しい交通ルールを守った運転で、安全・快適に通行できる交通環境をつくりましょう。

夕方・夜間の外出には、必ずリフレクター(反射材)を身につけよう!

みなさんは、夜間に外を歩く際にリフレクター(反射材)を身につけていらっしゃいますか?

夜間は視界が悪く、車や自転車から歩行者を視認できるまでに時間がかかります。

そのため、気づいたときには歩行者を撥ねてしまっていた!というような、重大な事故も発生しています。

 

内閣府の調べによると、夜間に車のヘッドライトを下向きにした(ハイビームではない)状態で、運転者が歩行者を視認できる距離は、反射材着用時と未着用時では 約100mも違うと発表しています。

 

▼参考ページはこちら

http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/hansyazai/hansya.html

 

最近では、交通安全への意識が高まっており、スーパーや雑貨店などの身近な場所で反射材が手に入るようになっています。

 

ぜひ、「外出時は反射材を身につけよう!」を合言葉に、家族ひとり一つの反射材を所有し、玄関などの決まった場所に置くようにするなど工夫し、

日々の生活の中に反射材を取り入れるようにしましょう!

2020年4月6日(月)~4月15日(水)は「令和2年春の全国交通安全運動」を行っております。

当協会は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されています。

https://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/r02_haru/youkou.html

飲酒運転は「しない」「させない」が合言葉

飲酒運転事故は減少傾向にあるものの、2019年は年間3,355件発生しており、重大事故に直結する悪質で危険な飲酒運転が、いまだに後を絶ちません。

現在、飲酒運転は、運転者だけでなく「車やお酒の提供者」「同乗者」も厳しく罰せられ、被害者の人生だけでなく、被害者の家族・加害者・加害者の家族の人生を大きく狂わせてしまいます。

 

飲酒事故は私たちひとりひとりが、注意することで、撲滅できる事故です。

「飲酒運転は絶対にしない、させない」を守りましょう。

 

2020年4月6日(月)~4月15日(水)は「令和2年春の全国交通安全運動」を行っております。

当協会は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されています。

http://www8.cao.go.jp/ko…/keihatsu/undou/h30_aki/youkou.html

 

日没30分前にはライトを点灯しましょう

日没前後の1時間は、自動車と歩行者が衝突する事故がもっとも多く発生する時間帯です。

警察庁の事故分析によると、過去5年間に発生した日没前後の時間帯の死亡事故(自動車と歩行者)は、昼間と比較して約4倍となっています。

なぜ、日没前後の時間帯は事故が増えるのでしょうか?

要因として

1、ドライバーは視界が徐々に悪くなり、歩行者との距離が分かりにくくなる。

2、交差点での右左折時に、夕陽の眩しさで横断中の歩行者を見落とす。

3、日中の業務ドライバーは、疲れが出やすくなる時間。

4、高速道路、幹線道路では渋滞が発生する場所も。

5、学校の下校時間と重なる。

6、歩行者は自動車のスピードが分かりにくくなる。

 

など多くの悪条件が重なることで、事故が起きやすくなるのです。

車・バイク・自転車は、日没30分前にはライトを点灯しましょう。

自分の存在を相手に認識しやすくすることが、交通事故の防止につながります。

 

2020年4月6日(月)~4月15日(水)は「令和2年春の全国交通安全運動」を行っております。

当協会は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されています。

https://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/r02_haru/youkou.html

後部座席でもシートベルト・チャイルドシートを着用しましょう!

チャイルドシートとシートベルトは、万が一の事故のときに、身体への被害を大幅に軽減します。現在、シートベルトの着用率は助手席・運転席は9割を超えますが、後部座席の着用率は3割と言われています。

死亡率でみると、後部座席でのシートベルト非着用時で死亡率が3.5倍も高くなります。

後部座席の人もシートベルトをしっかりと締めましょう。

 

また、子どもの場合、チャイルドシート使用義務がなくなる6歳以降から後部座席での死亡率が上がるデータがあります。
6歳以降でも子どもを乗せるときは、年齢に応じたチャイルドシート・ジュニアシートを装着させましょう。

 

2020年4月6日(月)~4月15日(水)は「令和2年春の全国交通安全運動」を行っております。

当協会は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されています。

https://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/r02_haru/youkou.html

令和2年4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」

クイズです。

交通事故の記録が残っている昭和23年以降で、交通死亡事故が発生しなかった日は、何日あるでしょうか?

 

  • 0日
  • 1日
  • 2日

 

答えは、①の「0日」です。

 

昭和23年以降、交通死亡事故が発生しなかった日は1日としてありません。

昨年の交通事故による死者数は、3215人と、1日平均8.8名以上が交通事故で死亡していることになります。

また、負傷者数は年々減少傾向ではありますが、昨年は46万1775人と多く、国民が安心して生活するうえで、交通安全運動は重要な課題のひとつと言えます。

 

このような事態を受け、平成20年に、毎年「全国交通安全運動の最終日」が「交通事故死ゼロを目指す日」として制定されました。

 

春の全国交通安全運動の本日4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」です。

私たち一人一人が、交通ルールと交通マナーを守り、交通事故を無くしましょう!

2020年4月6日(月)~4月15日(水)は「令和2年春の全国交通安全運動」を行っております。

当協会は、内閣府・警察庁等10府省庁・都道府県・市区町村等が主催する「全国交通安全運動」の協賛団体として登録されています。

https://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/r02_haru/youkou.html